読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほも、26歳。

ほも。26歳。ダメ人間。

どうしようもない未来予知

 

たまに、未来予知をすることがある。

 

いや別に自分に超能力がありますよとかそういうユリゲラー的な話ではない。

ただ、ある時ある瞬間に自分の未来の姿が見える瞬間がある。自分はこうなってしまう。自分はやがてこうなるだろう。生々しいほどに湿り気を帯びた輪郭が、不意に頭の中にズトンと落ちてくる瞬間である。

 

職場に、嫌な人がいる。

 

年齢は私の父親よりも上の、白髪のおじさんである。

最初に会ったときの彼はきちんとした挨拶を返してくれる、ちゃんとした人だという印象だった。しかし、一緒に仕事をしているうちにそれはほんの表層の部分であることが分かってきた。

 

まず人と関わろうとしない。仕事をするうえで人と関わるということは苦手であっても避けては通れぬ道ではあるが、彼は本当に必要最低限かそれ以下でしか他人と関わろうとしない。私と二人っきりであっても一言も会話をせずに、気付いたら休憩に入っていて気付いたら戻ってきているなんてしょっちゅうである。

 

また、彼は文句を言わない。

私に何か至らぬ点があったとしても決して文句を言ってくることはない。

それだけならいいのだが、彼は文句は言わないのに〝文句がありますよ感〟は全面に押し出してくる。言いたいことがあるなら言えばいいのに、私が察するまで不機嫌な様子で物にあたり散らしたりする。めんどくさい彼女のようである。

 

他にも彼に対しての文句は湯水のように溢れてきて、なんなんだこの人はといつも不満に感じているのだが、ある時ふと例の〝未来予知〟が自分に振ってきた。

 

彼は、自分の30年後の姿だ。

 

よくよく考えてみれば私も上記のような行動をよくやってしまっているではないか。人間嫌いと焦げ付きまくった自意識のせいで、そんなことをしでかしてよく自己嫌悪に陥ってしまっているではないか。

 

今はまだ若さでなんとか誤魔化せているかもしれないが、このままいくとお前の未来はそこにいる面倒くさいおじ様だぞ。

 

ああああああああああああ。

 

雷に打たれたような衝撃だった。

想像に難くなさ過ぎてくらくらした。

 

私もいつかの未来、若い子に「職場にめんどくさいおじさんがいてさァ」なんてことを言われてしまうんだろうか。あぁ。それはちょっと嫌かもしれない。

 

せめて「めんどくさいおじさん」ではなく「ちょっと変わってるけど気のいいおじさん」くらいに言われるよう、今のうちから人格を修正していきたいと思う。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、そんな自意識焦げ付きマシーンの私ですが、最近ポッドキャストでラジオ番組を配信し始めました。このブログよりもさらに焦げ付いた自意識を披露しては後で赤面しながら布団を転がっております。

t.co

iTunesで配信しておりますので是非よろしくお願いいたします。